三菱東京UFJ銀行住宅ローン

三菱東京UFJ銀行住宅ローンが選ばれている理由は?

三菱東京UFJ銀行住宅ローンの諸経費ってどんなものがある?

08画像

 

三菱東京UFJ銀行の住宅ローンにかかる諸費用についてみてみましょう。

 

 取り扱い手数料

 

取り扱い手数料は、住宅ローンを締結するにあたって、ローン申込者から三菱東京UFJ銀行へ支払う手数料です。

 

ローンの金額によらず、一律3万1500円です。これは、三菱東京UFJ銀行独自の住宅ローンでも、フラット35でも同じです。

 

 保証料

 

保証料とは、保証会社が住宅ローンの連帯保証人となってくれるしくみに対して支払う代金です。

 

連帯保証人は、債務者と全く同じ義務を負うことになりますので、高額な借り入れを行なう住宅ローンの連帯保証人を見つけることは困難です。

 

三菱東京UFJ銀行の場合、ダイヤモンド信用保証(株)または三菱UFJ住宅ローン保証(株)が保証会社となります。

 

保証料は、借入金額・借入期間・返済方式・年収に占める返済額の割合・保証料支払方法などの条件によって変わります。

 

三菱東京UFJ銀行のWEBサイトによると、例えば、借入金額1,000万円、借入期間30年、元利均等返済方式、元金返済据え置きなしの場合、一括前払い型では19万1370円〜76万5480円、利息組込み型では0円〜57万4110円となります。

 

利息組込み型でも状況によっては、保証料をある程度前払いしなければなりません。フラット35の場合には、保証料は無料です。

 

 団体信用生命保険料

 

団体信用生命保険は、住宅ローン残高と同額の生命保険をかけ、死亡したり高度障害になったりした時に支払われる保険金によって住宅ローンを清算するしくみです。

 

ローン返済者に万一のことがあった場合に、ローン返済が破綻しなくて済むというメリットがあります。

 

また、団体扱いになるので、一般の生命保険より割安になっています。三菱東京UFJ銀行の住宅ローンでも、団体信用生命保険に加入する必要がありますが、保険料金は三菱東京UFJ銀行が支払います。

 

 7大疾病保障に対する保険料

 

団体信用生命保険とは別に、7大疾病を保障する損害保険に加入することができます。

 

保険料金を金利に上乗せすることはできず、ローン返済用の預金口座から、毎月保険料が引き落とされます。

 

保険料金の額は、性別・年齢・借入残高・毎月の返済額・借入残高等により変動します。

 

 その他

 

その他の諸費用として、印紙税(ローン金額が1000万円を超えて5000万円以下の契約時には2万円)、抵当権設定登記にかかわる登録免許税(10万円程度)や登記などを代行する司法書士報酬(6〜7万円程度)などがあります。

 

また、一般に、火災保険への加入が義務付けられますので、火災保険料が必要になります。

三菱東京UFJ銀行住宅ローンはネット審査が受けられます!

三菱東京UFJ住宅ローン諸経費高い?要確認!【土地・家代以外のお金】関連ページ

繰り上げ返済はすべき?
待遇・特典・サービスは何がある?